リブパイプって何?

下水道用パイプには、よりスピーディで簡単・確実な施工性や、コスト縮減が強く求められています。
ハイテク成形技術によって誕生したプラスチックリブパイプは超軽量かつ高剛性、砕石基礎への適用などを実現。
リブ専用の小型マンホールもラインアップしオールリブでの管路構築も可能です。
経済性・施工性・耐震対策・環境負荷とあらゆる側面に配慮したプラスチックリブパイプは下水道の今後を担う管材です。

もっと詳しく

どんなメリットがあるの?

耐震対策

これからの管材は
耐震抜きでは語れません。

オールリブラインでレベル2地震動にも対応する耐震ラインを構築。
地震時に発生する液状化現象による管の浮き上がりを防止。

コスト縮減

オールリブラインによる
コスト縮減を実現。

リブ付小型マンホールでコンクリート人孔より大幅なコスト縮減。

環境対策

これからの管材「環境への配慮」が必要です。

リブパイプの質量はVU管と比較して約2/3と非常に軽量なため、資源の有効活用になるとともに、将来にわたって廃棄物の発生抑制(リデュース)効果が期待でき、環境に配慮した管材です。

もっと詳しく

プラスチックリブパイプのご採用実績

新着情報